社員のやる気を上げるには

オフィス

企業の業績を高める方策として従業員エンゲージメントを向上させることが考えられます。これは従業員個々が企業の目的を理解してその実現に向けて自発的に貢献しようとする度合いを示すもので、企業の様々な取り組みによって高めることが可能です。

詳しく見る

質問内容に注意

PC操作

従業員エンゲージメントとは会社と従業員が相互によい関係性になることです。満足度調査と混同する人が多く、質問が偏っているおそれもあるので注意しなければなりません。自社で適切な調査ができないと感じた場合は外部団体に委託するのも手でしょう。

詳しく見る

解釈にも注意を

男女

従業員エンゲージメントは質問数が多いフル調査であるため、一回の解釈が非常に重要となります。解釈に必要なベンチマークの見方に自信がなければ専門家に依頼する方が確実です。日本人は曖昧な回答をしがちなのでその点も考慮しなければなりません。

詳しく見る

目標と達成意識

男女

従業員エンゲージメントは、従業員の会社に対する貢献意欲を指す言葉であり、これらが高い会社ほど業績向上につなげやすい。従業員エンゲージメントの向上には、意識調査とその対策が必要になり第三者の活用が効果的である。

詳しく見る

向上させよう

パソコン

従業員エンゲージメントを向上させるためには工夫が必要です。従業員満足度をリサーチしたり、社内研修制度を設けたりすることも一つの手段と言えます。また、会社にとっても従業員にとってもより良い関係性を築けることが大事です。

詳しく見る

優秀な人材の離職を防ぐ

ビジネス

企業成績の向上にも

従業員エンゲージメントは、従業員満足度に変わって提唱されるようになった概念です。従業員エンゲージメントは企業と従業員が相互によい影響を与えあう関係のことをさします。従業員満足度は、その企業や職場にどれくらい従業員が満足しているかをはかるもので、似ていますが双方向か一方通行かという点で大きな差があります。従業員満足度では、企業や職場がどの程度従業員に満足のいく福利厚生や給料、働きやすさを与えているかという一方通行の関係性しか示すことはできません。そのため、従業員満足度の結果をふまえて待遇を改善したとしても、企業の成長や成績に反映されにくいという特徴がありました。従業員エンゲージメントでは、企業がどのくらい提供できているかという観点もありますが、それと同時に従業員がどれくらい会社を誇りに思っていて貢献したいと思っているかも示しています。そのため、従業員エンゲージメントの数値を改善すると企業の成長につながりやすいのです。また、従業員エンゲージメントをはかり、その達成度合いを見ることで、従業員の離職しやすさを見極めることもできます。そのため、優秀な人材の離職を防ぐことにもつながります。ただ、このような調査は、調査しただけでは目的を達成することにはなりません。結果をふまえて、改善点を考え、実行し、さらにその結果を省みるところまで行って初めて一定の成果が得られます。調査を行っただけで満足しないよう注意しましょう。また、企業成績向上のためには、従業員エンゲージメントの数値だけでなく、仕事のやり方などにも大きく影響してきます。そのため、優秀な人材育成のためにもきちんと研修などを行なう必要があるのです。研修やセミナーなどでは、営業のコツや会社が成長するために大切なことなど様々なことが学べるので、積極的に参加してみるとよいでしょう。

Copyright© 2018 注目されている従業員エンゲージメント【企業成績アップの秘術】 All Rights Reserved.