質問内容に注意

PC操作

質問するときの注意点

従業員エンゲージメントとは、従業員が会社を向上させるためにどのくらい会社に対して貢献しているかをさす指標です。会社から従業員に対してどの程度満足のいく環境を与えているかという指標も同時に含んでいます。顧客ではなく、従業員の満足度について調べることで、会社の業績は大きく変わるということが近年は取り沙汰されてきました。ですが、会社から従業員にむけた一方通行の働きかけのみをみる従業員満足度調査では、結果を改善しても会社の向上に必ずしも直結しないことがわかりました。そのような流れの中で登場してきたのが従業員エンゲージメントです。従業員エンゲージメントでは、相互の関係性を見るため、質問内容も変える必要があります。ですが、多くの上役は、従来の従業員満足度調査と従業員エンゲージメント調査を混同しており、質問内容が適切でないことが多いのです。従業員エンゲージメント調査をするときは、従業員の満足度や幸福度をはかる質問のみではなく、会社の理念や目的について理解しているかなどを中心とした質問を行わねばなりません。従業員エンゲージメント調査は必ずしも外部団体に委託する必要はありません。ですが、よい質問を作る自信がない場合や、改善策についてもアドバイスしてほしい場合、第三者による客観的な調査を求める場合には外部団体に委託する方が確実でしょう。その際は過去の実績や導入時に配慮してくれるか、改善策までアドバイスしてくれるかを確認すべきです。

Copyright© 2018 注目されている従業員エンゲージメント【企業成績アップの秘術】 All Rights Reserved.