社員のやる気を上げるには

オフィス

企業と社員の関係強化策

企業にとって優秀な人材に精一杯働いてもらえるかは死活問題です。そのためには給与や福利厚生をはじめとした人事制度が重要となることは言うまでもありませんが、それ以上に企業と社員が相互に信頼し合い、互いに相手のために頑張ろうと思える関係を築くことが大切です。そのための方策として世界的なコンサルティング会社などが提唱している概念が従業員エンゲージメントです。従業員エンゲージメントとは、従業員のそれぞれが企業の目的をしっかりと理解し、その実現に向けて自発的に貢献しようとする意志をいうこととされており、その度合いを測ることによって企業にとって最大限の力を引き出そうというものです。この従業員エンゲージメントの数値が高い企業では離職率が総じて低いというデータが示されており、また個々の成績も優秀であると言われていますので、現在の数値を計測したうえでそれを向上させるための取り組みが企業には求めれることとなります。具体的には、企業の目的を明確にすることが挙げられており、例えばコーポレートスローガンを策定したり、社会貢献活動を行ったりといったことがその手段として考えられます。次に、従業員のワークライフバランスを考慮して適切な業務分担にすることも有効でしょう。加えて、パフォーマンスが適切に評価につながるような人事制度の導入も重要です。これらの取り組みによって従業員エンゲージメントを高めることで、会社の売り上げも飛躍的に向上させることができるはずです。

Copyright© 2018 注目されている従業員エンゲージメント【企業成績アップの秘術】 All Rights Reserved.